ファクタリングサービスの種類

ファクタリングサービスは介護ファクタリング以外にも様々なファクタリングサービスがあります。ここでは、他のファクタリングサービスを幾つかご紹介します。


診療報酬債権ファクタリング

介護保険事業に対応した介護報酬債権のファクタリングサービスがありますが、医療保険事業の診療報酬債権に対応したファクタリングサービスもあります。
診療報酬債権ファクタリングと言われているもので、「診療報酬ファクタリング」「診療報酬債権の流動化」といった名称も同様です。 診療報酬債権ファクタリングサービスも、サービス内容や基本的なスキームは介護ファクタリングサービスとほとんど変わりません。
医療機関の社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会(国保連)への診療報酬(レセプト)をファクタリング会社が買い取り、早期資金化するサービスです。


保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、会社が取引先に有する売掛金・手形をファクタリング会社が買い取り、売掛債権を保証する金融サービスです。取引先の売掛金を買い取るサービスのため、与信審査は保証ファクタリングサービスの利用を希望する会社の取引先に対して行う事になります。

保証ファクタリングサービスを利用した場合、万が一その取引先が倒産しても、取引先への売掛金が焦げ付くことなく、保証した分の支払いがされます。

「取引先の支払いの信用度が不安。。。」
「過去、取引先が倒産して売掛金の回収ができなかった。。。」

上記のようなお悩み・不安をお持ちの会社に、「保証ファクタリング」は適したサービス言えるでしょう。


国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外の販売先と輸出取引における売掛金回収を確実に行うための金融サービスです。海外の企業と輸出取引を行う場合は信用状(Letter of Credit)という銀行が発行する支払い確約書が利用されていましたが、この信用状を開設するには、手続きなどが複雑だったりと、かなりの手間と時間が必要とされます。

そこで信用状を用いずに、世界各国の金融機関と協力して、海外の売掛金を支払保証する事で、輸出取引を安心・確実に行うことができるようにしたサービスです。海外取引のある会社が利用するファクタリングサービスの一つです。


一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、債権者側(支払い先)の会社が債務者側(支払い元)の会社に対して有する売掛債権をファクタリングサービス会社が買い取り、債権者側の会社へ支払いをする金融サービスをいいます。この場合は、ファクタリング会社は債権者側の会社と債務者側の会社と三者間で契約を結ぶ流れになります。

債権者側は期日通りの支払いがある事で資金調達の手段として、債務者側は各支払先への支払い作業の軽減や支払手形の発行などの無駄な経費の削減が見込め、相互にメリットのあるファクタリングサービスと言えるでしょう。

【無料】サービスを一覧比較&資料請求

介護ファクタリングナビ 掲載サービス一覧