介護ファクタリングサービスとは?

「ファクタリング」とは企業が有する売掛債権・受取手形をファクタリング会社が買取り、債権回収業務を行う金融サービスのことを言います。
サービス利用会社は売掛債権・受取手形をファクタリング会社へ手数料を支払い売却し、ファクタリング会社は買い取った売掛債権・受取手形の債権回収業務を行います。

「介護ファクタリングサービス」は、介護保険事業者が有する介護報酬債権を介護ファクタリングサービス会社が買い取ることで早期現金化を実現するサービスです。



介護ファクタリングサービスを利用するメリット

介護ファクタリングサービスを利用するメリットは、確実に資金調達ができること、売掛金を早期資金化できることが挙げられます。
介護保険制度に則った介護保険事業では、通常、売掛債権である介護報酬の回収はサービス提供月の翌々月25日となります。したがって介護事業を運営するためには最低2ヶ月分の運転資金が必要となります。しかし売上規模が一定であれば問題ないのですが、利用者が増え売上が急激に伸びた場合、職員に対する給与支払いが介護報酬の入金より先になるため、資金繰りの悪化を招く場合があります。
このような介護保険事業の特徴もあって、介護事業所が介護事業向けのファクタリングサービスを利用するケースが増えています。

介護ファクタリングサービスを利用すると、介護報酬請求後、入金までに通常45日かかる期間を約5日間ほどに短縮することができます。
このように入金までの期間を大幅に短縮できるため、スピーディーな債券回収と資金調達の効率化が図れます。

【無料】サービスを一覧比較&資料請求

介護ファクタリングナビ 掲載サービス一覧