ファクタリングサービス

介護ファクタリングとは、介護報酬を介護ファクタリング会社が買い取ることで早期に資金化できるサービスです 「介護事業所オープン後の資金繰りが心配」「複数事業所オープンで急に資金が必要に」などのお悩みに

介護ファクタリングナビ掲載企業一覧

【無料】サービスを一覧比較&資料請求

介護ファクタリングナビとは

介護ファクタリングとは?

Photo4ファクタリング」という言葉をご存知でしょうか? ファクタリングとは、企業が有する売掛金をファクタリング会社が買い取り、早期資金化して企業へ提供する資金調達方法のサービスの一つです。

ファクタリングは、医療業界で非常に認知度が高く、介護業界でも浸透してきているサービスです。「介護ファクタリング」「介護報酬早期資金化サービス」「介護報酬債権ファクタリング」「介護報酬ファクタリングサービス等の名称で呼ばれています。


Photo11 通常、介護保険事業者が、国民健康保険団体(国保連)へ介護報酬の請求をした後、介護報酬が支払われるのに約45日間かかります。「介護ファクタリング」は、この介護報酬債権を介護ファクタリングサービス会社が買い取ることで早期現金化を実現するサービスです。約5日間ほどで介護ファクタリングサービス会社から介護保険事業者に入金されます。
例えば、介護事業を始めてオープン間もない事業者様の場合、介護報酬請求後、45日間、介護報酬債権の入金がない(売上金が入金されない)ため、債権の入金までの資金繰りに悩まされる事があります。そこで、介護ファクタリングサービスを利用すれば、介護報酬請求後から約5日間後に入金がありますので、キャッシュフローもよくなり、資金繰りの心配も少なくなります。

実際に入金される金額は介護ファクタリングサービス会社によって違いがありますが、1回目の振込みは、介護報酬債権のおよそ70~80%(審査の状況により異なります。)の金額の入金があり、2ヶ月目に残りの金額が振り込まれる形となります。


【無料】サービスを一覧比較&資料請求

Photo8 このように、介護ファクタリングサービスは資金繰りの不安や、介護事業所の新規オープン等で資金調達のニーズが発生する介護事業所様にとって、銀行などの金融機関からの借り入れを必要としない、資金調達の一つの方法として活用できるサービスです。
介護ファクタリングサービスは「介護報酬債権」を買い取るサービスとなるため、借入(負債)ではありません。介護保険は国の制度であり、その国に対しての介護報酬債権、いわば売掛金を有する形になりますので、帳簿上も「売掛金」の扱いとなり、賃借対照表(バランスシート)の改善も図れます。

また、介護ファクタリングサービスの利用に際し、保証人や不動産担保なども不要です。(※ファクタリング会社により保証人が必要な場合もあります。)

Photo3 本格的に介護ファクタリングサービスを導入する際には、ファクタリング会社によっては、いくつかの利用条件を満たす必要があるため注意が必要です。例えば、国保連伝送の際に、専用ソフトの導入が必要になるケースがあります。詳細は介護ファクタリングサービス会社と確認する事が必要でしょう。

ご利用の際に提出書類等を含め審査が行われ、状況によっては介護ファクタリングサービスをご利用できない場合がございます。
また、審査を通っても1回目に入金される目安金額(介護報酬債権の70~80%)に届かない場合もありますので、確認が必要です。


Photo6 今後、介護事業所の立ち上げや、事業所拡大によるスタッフの増員など、様々な理由で資金調達が必要となる場合、その一つの手段として介護ファクタリングサービスは非常に有効にご活用いただけるサービスであり、ニーズも上昇中です。

介護ファクタリングナビは、様々なファクタリングサービスの情報を比較、無料の資料請求を通じて、介護ファクタリングサービスの導入をご検討される、介護保険事業者様にご活用いただければと思います。


【無料】サービスを一覧比較&資料請求